MENU

葬儀前の準備

人間関係をまとめる

葬儀に関しては、人間関係をまとめておくということも忘れないようにしたい。
 親が亡くなった後は、亡くなったことを知らせたり香典返しをしたりと、様々な場面で故人と関わりのあった人たちに連絡を取らなければならなくなる。 家族ぐるみでの付き合いがある人であれば故人本人でなくても分かるかもしれないが、故人しか関わったことのない人であれば、連絡が取れずに終わってしまうということも考えられる。 人間関係を鮑]らなかったばかりに、かなり親交が厚かった人に連絡が取れなくなることはなるべく避けたいものだ。このようなことが起こらないようにするために、親が亡くなる前にきちんと人間関係を確認しておくようにしたい。

 

確認とまとめる作業は、年末年始のような多くの人に年賀状などで連絡を取るときに行うと、かなりスムーズに確認ができるようになるだろう。
確認してまとめた人間関係については、書面として保管しておくことをお勧めする。パソコンなどの電子機器を使ってまとめると楽ではあるが、万が一データが消えるということがあれば、結局は人間関係の確認をしていなかったときと変わらない状態になってしまう。それを避けるためにも、大事なものは書面でも保管しておくようにしたい。

 

棺に入れてほしいものを話しておく

葬儀に悶してやっておきたいこととしては、棺の中に入れろものを話しておくということも挙げられる。棺には副葬品として、亡くなった人に関する思い出の品などを一緒に入れることができる。しかし、これは何でも良いというのではなく、入れて良いものと悪いものが定められているのだエ そのため、どんなに観が「自分が死んだら、棺に二れを入れてほLい」と言・つていたとしても、それが認められない二とも考えられな 覩の気持ちを尊重しつつ、入れることができるものをチェックしておくようにしよう。
棺に入れて良いものとしては、燃えるものであまり大きくないものとされている反対に、入れてはいけないものは次のようになっている。

 

・金属頬腕時計や指輪、硬貨、携帯電話や音楽、電子機器など
・ガラスメガネやガラス細工、酒瓶など
・ビニール、プラスチックなど鞄や靴、おもちゃなど
・発泡スチロール枕や緩衝材など
・カーボン杖や釣り竿、ゴルフクラブなど
・分厚い書籍辞書やアルバムなど

 

会いに行く

親が亡くなる前にやっておいた方が良いことは、相続や葬儀以外にも数多くある。ここからは、「生活編」と題して、やっておいた方が良いことを紹介していく。生活編では、何かの手続きのための準備ではなく、「親孝行ができずに後から後悔することを防ぐ」ためにやっておいた方が良いことをピックアップしている、そのため、必ずしもやらなければならないわけではないが、参考にするだけでも良いので見ておいてほしい所だ。

 

まず一つ目は、会えるうちに会いに行くようにするということだ。家が近ければいつでも会いに行けるかもしれないが、仕事で|亡しかったり家が遠かったりすると簡単には会いに行けないかもしれない。だが、そのときに「仕方ないから行くのをやめよう」とするのではなく、「今回は駄目だけれど、来月には行けるようにしよう」としうように、「行こう」という気持ちを持つようにすることが大切だ。

 

そして、会いに行ったら、沢山話をすることも忘れないようにしたい。会って話すというのは、親が生きている間でなければできないことだ。最近の出来事や自分が小さい頃の話など、後で後悔しないように色々な話をしておこう。

葬儀社の費用を値下げさせる参考情報